徳島の板金塗装 CRAFT WORKS ZEN〈クラフトワークス ゼン〉

088.679.8568
MENU

塗装肌の役割・・・徳島県カーコーティング専門店クラフトワークスZEN(ゼン)(2016.10.19)

カテゴリ: NEWS

さて、車好きの皆様なら一度は聞いたことがある塗装肌・・・。

「ゆず肌」 とか 「梨肌」 とかいうあれ! 全ての自動車塗装にある凹凸。

赤丸で囲んだ箇所。

dsc_8427

 

 

これはメーカによっては様々な肌がありますが、凹凸のレベルこそ違えど、この凹凸には塗装に重要な役割を持たせております。

 

塗装を含め車の外板パネルは、熱の影響を受け、目に見えないレベルで伸縮を繰り返しています。

 

 

塗装の膜厚や塗装質によっては、この凹凸が重要視されます。

 

何故か?

 

熱で膨張した際、同時に塗装も膨張し、ボディー素材(鉄板、樹脂、FRP、アルミ、カーボン)などの膨張に追従した際の密度低下防止の役割を果たします。

 

いわゆる追従する事でボディー素材との密着を維持すると同時に、表面密度の低下を防ぎます。

 

肌の無いピンと張り詰めた表面は、一見すると鏡面でキレイですが、膨張し引っ張られた状態なら、構成される分子量が同じならば、隙間が広くなり、汚れや水分の浸透が多くなり劣化が早まります。

clensing-photo0101

 

難しい???

 

 

身近なところでは蛇腹。

 

蛇腹がある事で、曲がる個所や、引っ張られる個所をあらかじめ設定し、フレキシブルに曲がる上、蛇腹の強度で、パイピングの割れや折れを抑制し、耐久性を確保しています。

 

掃除機の蛇腹や、自動車部品での一例では、ドライブシャフトブーツなど、蛇腹構造で、稼働に対する強度を高め追従性と耐久性を両立させています。

imgres %ef%bd%93%ef%bd%99%ef%bd%81%ef%bd%86%ef%bd%95%ef%bd%94%ef%bd%8f

 

いいかえれば、高密度化すればするほど凹凸は低く設定でき、高機能塗装と呼べます。

 

塗装面の汚れをイラストで解説したものが当店の 「洗車」 のコンテンツで説明しております。

洗車・研磨

 

いわゆる滑らかで整ったキメ細やかな塗装質になります。

 

とは言え、これは理想で、塗料樹脂の性質や塗装の仕上方次第では、凹凸が高くなるケースもあり、これらは自動車メーカの考え方次第となりますので、その後、どうこうできないのも事実です。

 

当店ではこれらの実情に対し、「ゆず肌を滑らかに研磨してくれ!」と言ったご要望には、事情を説明し、凹凸はそのままながらも、光沢を目いっぱい引き上げる下地処理としての磨きを行います。

 

一例では、ゆず肌が目立つマツダのソウルレッドも、光沢を引き出しております。

DSC_5740

DSC_5674

 

一度の研磨で、大切な塗装の機能を奪う事は、なんらメリットはございません。

 

 

プロの磨きとは意外なほど奥が深いのです。 参考までに・・・難しいお話でした。(笑)946535_530107983702071_1794465889_n1

 

 

 

 

 

 

カテゴリー

カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最新記事

お勧めカーケア用品・・・徳島市カーコーティング専門店クラフトワークスZEN
水のお話パート2・・・徳島県カーコーティング専門店クラフトワークス・ゼン
夏のメンテナンス・・・徳島カーコーティング専門店クラフトワークス・ゼン
ハリアー完成・・・徳島カーコーティング専門店クラフトワークス・ゼン
202ブラックのハリアー・・・徳島カーコーティング専門店クラフトワークス・ゼン
今日の音楽
マツダCX-5完成・・・徳島カーコーティング専門店クラフトワークス・ゼン