徳島の板金塗装 CRAFT WORKS ZEN〈クラフトワークス ゼン〉

088.679.8568

202ブラックのリセットコース・・・徳島県カーコーティング専門店クラフトワークスZEN(2016.11.11)

カテゴリ: NEWS

さて、先日より作業を行っていた202ブラックのエスティマ。

 

お預かり時のコンディションチェックの模様がこちら。簡単なテスト作業ですが、これである意味アレルギー的な反応を見ます。過去に使用してきた市販コート剤の影響や、見た目だけでは判断できない塗装状態などは、初めの見極めが重要・・・。

dsc_8938

 

今回も状態はあまり良くないんですが、この状態からならまだ戻せるし間に合う・・・と言う事で当店自慢のリセットコースでの作業となりました。

dsc_9384

研摩は2工程・・・下地が見えてる傷、深い傷はあえて残しますが、通常の光なら見えないレベルです。

dsc_9438

 

研摩、脱脂洗浄と進みバックヤードに待機。再度作業場の床もしっかりと洗い流して、2度目のマスキングを行いコーティングの準備となります。

dsc_9409

初めのマスキングは、機械を当てたくない個所の部分マスキングですが、2度目はコーティングしない個所、窓ガラスやゴムモールなどの細かなマスキングを行います。その後は機械処理によるアンダーコート及びプライマー処理を施しこの時点で異様なほど真っ黒。

dsc_9416

 

肝心なコーティングはスプレー方式で隅々まで施工します。スプレー方式には意味があります。

dsc_9423

 

今回のように202ブラックで劣化し塗装・・・これに超低分子の被膜を施工すると時としてある現象が起きます。

これは見える環境では良く分かりますが、202等の劣化した塗装で密度が低下したものは、へんてこな塗りムラや塗り傷を多く発生させます。

 

通常なら手塗りでも問題ないのですが、塗装状態次第では、まともに仕上がらないのが硬化被膜の最も難しい所ですので、施工法の幅の無いコーティングで、202を当店の様な照明下で真っ黒に仕上げるのは実際かなり難しいと経験上ハッキリ言えます。

 

まっ、どのレベルで仕上げるかは作業者次第なので何とも言えませんが・・・。

 

元の状態がこれ。

dsc_9386

 

2層目まで仕上がった状態がこれ。その差は歴然。写真は撮って出しの無加工です。これを求めて多くの方が御依頼くださりますが、皆さん仕上がった車を見て一旦フリーズしてしまいます。

dsc_9436

dsc_9434

dsc_9426

dsc_9429

dsc_9420

dsc_9450

 

今後のケア・・・どうしよう・・・お気持ちは良く分かりますので、施工後のフォローも行いますのでご安心を。

 

さて、後はトップコートで本体は終了ですが、前後バンパーのリペア塗装仕上がこの後控えてますので仕上がり後、改めてコーティングを行い最終仕上げとなります。

 

当店に御依頼くださる方の多くは、コーティングも板金塗装やデントリペアも御依頼が多く、ボディー関係は保険請求なども含め全て丸投げで結構なので遠慮なくもお申し付けください。

dsc_9411

dsc_9415

dsc_9451

 

では、完成後改めて掲載します。皆さま良い週末を。

946535_530107983702071_1794465889_n1

 

カテゴリー

カレンダー

2021年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最新記事

カラードペイントプロテクションフィルム・・・徳島県カーコーティング専門店クラフトワークス・ゼン
リセットコースのアウディーA3・・・徳島県カーコーティング専門店クラフトワークス・ゼン
ランドクルーザープラドのヘッドライトの黄ばみ防止とコーティング・・・徳島県カーコーティング専門店クラフトワークス・ゼン
洗車の悩み・・・徳島県カーコーティング専門店クラフトワークス・ゼン
プジョー308完成・・・徳島県カーコーティング専門店クラフトワークス・ゼン
経過報告・・・徳島県カーコーティング専門店クラフトワークス・ゼン