徳島の板金塗装 CRAFT WORKS ZEN〈クラフトワークス ゼン〉

088.679.8568

車の修復歴の捉え方・・・徳島県カーコティング専門店クラフトワークスゼン(2023.09.18)

カテゴリ: NEWS

さて、今回はお客様にはとてもシビアなお話・・・。

 

今BMの件で中古車業界がを含め中古車に対する不信感が募っていますが、実際多くのお客様が中古車を選ぶ基準の大きな要因である「修復歴」に関してです。

 

そもそも何をもって「修復歴」と言えるかですが、私自身は長年板金塗装も行っており現在も多くの皆様から板金修理を承っておりますのでそこでの経験を基にお伝えします。

 

例えば・・・フロントバンパーを損傷。

 

 

塗装個所のみなら傷修正及び再塗装でリペアするのが良いのですが、今回のケースでは未塗装樹脂個所も傷ついていました。

 

 

残念ながら塗装個所と未塗装箇所は別パーツで組み分けられておらず、塗装の塗り分けで仕上げた物なので未塗装樹脂個所の傷が気になる場合はバンパーごとの交換となります。

 

 

新品に交換したので事実としての交換はありますが、修復ではありません。

タイヤがパンクしたから新しいタイヤに変えたのと同じことです。

仮にバンパー脱着で車の価値が下がるのなら、社外ホーンや電装品の取り付けすらできませんのでそこを責めるのは無意味ですね。

なので修復歴以前になんの問題もありません。

 

 

 

ではこのケース。

サイドステップ損傷修理、及びドア損傷修理。

 

 

これはバンパーと異なり部品をポン替えするだけで事は終わりません。

特にモノコックフレームと一体となっているサイドステップ(サイドシル)はボルトで止まっているだけのドアとは異なるので交換の場合、周辺のパネルを切断して、新品パネルを溶接で接合する方法しかありません。

なので余程の損傷でない限り板金修理で復元します。

同時にドアも含め塗装も行う必要があります。

これは正しく修復です。

この場合は「修復歴アリ」となります。

 

 

ではこのケース・・・

ドア交換。

通常ドアは車体にヒンジと言う開閉する蝶番を経てボルトで取り付けられています。

通常ヒンジは製造時、既に車体のピーラーと呼ばれる柱にボルトで固定された状態で隙間から水は進入しない為にコーキングでシーリングして塗装ラインでボルトごと塗装されます。

このボルトを「車体側ボルト」と呼びます。

 

その後、組付けラインでドアをボルトで固定するのですが、ボルトを組付ける際は工具を使いボルトを締め込んでいくので塗装されているボルトではボルトの塗装が剥がれて見苦しくなります。

なのでこのボルトは塗装していない金属剥き出しのボルトです。

これを「ドア側ボルト」と呼びます。

 

その為ドア交換する際は「車体側ボルト」はピラーまで損傷す重度の損傷でない限り絶対に触りません。

なので取り付けも建付け調整も「ドア側ボルト」のみで行います。

 

という事は・・・

 

新品ドアに交換して「車体側ボルト」も製造時のまま触られていないのなら、これまた新品色付きバンパー同様、傍から見たら交換された事すら分かりません。

正・・・流石にドアは色付きパーツではないので、調色した塗料で塗装されますので厳密に言えばメーカ純正塗装では無くなります。

しかし色も違和感なく塗られて、塗装肌や艶感まで丁寧に違和感なく修理されていたら誰も気づかないし気にする事でもありません。

先日仕上げたお車ですが、ドアエッジやパネル開口部まで新車塗装を完全再現していますので、誰が見ても見分けがつきません。

 

当然車体価値に影響もしません。

なので「ドア交換歴はあるけどなんの問題も無い」となります。

 

 

ではこのケース。

古いけど今でも人気のある付加価値の高いお車。

経年劣化で塗装がアウト・・・仮にこれが綺麗にレストアされていたらより多くの方が欲しがるでしょうね。

 

なのでこの場合は「オールペイント・レストア済み。要現車確認」として話をすれば問題ありませんね。

 

 

こうなってくると何を信じて車を選べば良いか???

 

結論から言えば、店を信頼して買うしかないのです。

そこでBMやネクステージの悪い車の売買の実態があるから、いま全国展開している多くの中古車屋さんへの不信感が募っています。

 

新車でも納車前にバンパーを交換したり再塗装するケースもゼロではありません。

工業製品だから数ある多くの中ではどこかで何かが起きます。

 

いい加減すぎる内容はともかく、綺麗に直っていて機能も見た目も問題ないのなら個人的には「あまり気にしないで良いですよ」ってお客様には言っています。

 

それ以前に車を安全に綺麗に楽しくお乗り頂く方が重要ですからね。

 

見た目も大事だけど意外と気にしていないタイヤバランス・・・100キロ前後で僅かにハンドルに振動があれば即取り直した方が良いですね。

足回りのアライメントも5万キロ程走ったら再調整すると良いですね。

 

当たり前ですが空気圧も含め、日常点検って結構重要ですよ。

気になる方は洗車でご来店時に簡単な点検は出来ますのでお伝えください。

 

 

カテゴリー

カレンダー

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最新記事

ヘッドライト劣化・ひび割れ・白濁・・・徳島県カーコーティング専門店クラフトワークス・ゼン
カラードペイントプロテクションフィルム・・・徳島県カーコーティング専門店クラフトワークス・ゼン
検証開始・・・徳島県カーコーティング専門店クラフトワークス・ゼン
しっとりと・・・ZEN
フルラッピング・・・徳島県カーコーティング専門店クラフトワークス・ゼン
洗車・・・徳島県カーコーティング専門店クラフトワークス・ゼン
経過報告・・・徳島県カーコーティング専門店クラフトワークス・ゼン